勤怠管理はタイムカードでやる

勤怠管理をタイムカードでやっているところは多いです。これは打刻式の機械であることもありますが、今では電子化されている場合もあります。タイムカードはかなり原始的な打刻式の物が意外と有効的です。それは使いやすいからであり、誰にでも分かりやすい作りになっています。

クラウドシステムによる勤怠管理もありますし、それは便利です。大企業では使いやすいかどうかはともかくとして必要になります。人数が多いです、打刻式のタイムカードでは、一々、チェックしていられないからです。それに紙製のタイムカードでは、それを見て事務の人が計算を刷る必要があります。

打ち込みをすれば、計算自体は簡単にやってくれるように今はコンピュータでできます。そこまでやれるのであれば、勤怠管理自体もコンピュータでやれるようにすればよいです。クラウドシステムにするかどうかは別にして、個々人で入力できるようにしておくことです。ここで注意しないといけないことがあります。

それはキチンとやっているのか、と言う点になります。監視体制が意外と重要であり、公正である為には時折、チェックをすると良いです。入力した時点での時間が刻めるように勤怠管理システムを作れば良いです。また、そのデータシステムの根幹にアクセスできる人は制限することです。

これはどんな就業データにも言えることですが、機密になります。途中で入力データを変えられないようにもしておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *