コスト削減なら勤怠管理クラウド

勤怠管理クラウドはタイムカード不要のクラウド型なので、タイムカードを必要ありません。従業員が持っているスマートフォン・タブレット端末・パソコンで打刻ができます。確認も上記の端末から簡単に閲覧できます。コストを減らしたい、経理担当の負担を減らしたいと考えている経営者の方におすすめです。

各社ごとにプランは違いますが、お試しプランは初期費用0円・利用人数制限なしなど無料サービスであって質も高いのが特徴です。導入を検討している場合は、まずお試しプランなどで勤怠管理クラウドの使い方を確認しておきましょう。中には広告収入で運営している勤怠管理クラウドサービスもあります。こちらの場合は広告が入りますが、完全無料で料金はかかりません。

いきなり有料で契約するのに気が引ける場合は、完全無料型からスタートしてみましょう。広告が邪魔だなと感じたときには、有料版のサービスを契約する方法もあります。無料版でも十分使えるのですが、従業員の人数が多い・会社の規模が大きい場合は無料機能だけでは追い付かなくなるからです。無料版は利用人数の制限がかかっていたり、使える機能が十分ではありません。

勤怠管理クラウドを選ぶ際のコツは、導入事例やお客様の声を読むことです。実際に導入した企業や店舗がどのように変化しているか、コストパフォーマンスに見合っているか、導入して何が改善されたか、従業員たちの感想など、生の声を知ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *