勤怠管理クラウドの意味と特徴

「勤怠管理クラウド」とは、「クラウド」による「勤怠管理」のことです。このうち、「クラウド」とは、情報をデータ化し、それをパソコンとインターネットによって自由にやり取りすること、「勤怠管理」とは、従業員の出勤や退勤、休暇などを統括し、それらが適切であるかどうかを管理するシステムのことです。つまり、「勤怠管理クラウド」とは、従業員の勤務状況をコンピュータ上でデータ化し、管理統括するシステムであると定義することができます。従来のタイムレコーダーとタイムカードを利用した勤怠管理と比較すると、非常に細かいデータをやり取りできるだけでなく、それらをコンピュータが自動的の保存や管理をしてくれるため、これらに人員を割くコストを節約することもできます。

さらに、インターネットを通じて、はるかに離れた場所同士で情報をやり取りすることもできるため、従業員の数が増えれば増えるほど、その利用価値も高くなります。このように、勤怠管理クラウドは、非常に優れたシステムであると言えるのですが、問題点がないわけでもありません。まず、パソコンとインターネットの導入は必然と言えますし、勤怠管理クラウドが有効に働くためには、そのシステムを従業員が使いこなせることが前提となります。さらに、そもそも総従業員が少ない仕事場であれば、このようなシステムを導入しても、無駄に手続きが複雑化するだけであり、かえって情報の管理が面倒になる場合も考えられます。

そのため、現在の勤怠管理に不都合を感じている場合は、間違いなく導入を検討する価値はあると言えますが、そうでない場合は、無理に導入を考慮する必要はないと言えます。GPSのビーコンのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *