生活を向上するiotデバイス

体につけるiotデバイスを使うことで生活を向上させることが可能です。

例えば指輪や腕輪にモーションセンサーを搭載したものを使えば、動きに合わせていろいろなデバイスのコントロールができます。いちいちリモコンを探さなくてもテレビの音量を変えたり、照明の明るさを調整することができます。中にはキーボードとして利用できるものもあり、歩きながらメールを書くことが可能です。振動センサーを使って、人の動きを感知する物があれば、特定の場所に来たらデバイスを動かすなどの対応が可能となります。

防犯も使えそうですが、忘れがちな作業を警告するような時にも役立ちます。お互いの距離を測って、ある程度のところまできたら警告するような使い方もできるので、密集を防ぐような時にも役立つでしょう。電源を制御するためのiotデバイスもあります。コンセントにつないで電源の供給をコントロールできるので、リモコンに対応していない家電製品でも、リモートで電源を操作できます。

離れたところにある扇風機を動かすような使い方も可能です。また電池でもiotデバイスになっている物があるので、コンセントがないような機器でも制御可能なこともあります。体温計がiotデバイスなら、日々の測定をクラウドに集計しておくことも可能なので、検温がデータ化して分析することが可能です。いちいち入力しなくていいので、誤入力や記載を忘れるようなことを防ぐことができます。また情報の共有化も進むので家族の体温が明確になって、とても便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *