iotデバイスの活用例

iot技術の発達は、身の回りの家電や家具などを大きく様変わりさせました。

その流れはクルマや機械にも及んでおり、様々なデバイスがネットワークとつながっています。こうしたデバイスはiotデバイスと呼ばれ、今後の主流を担うと期待されています。そのデバイスの導入は、従来の製品の枠組みを超えるものとなります。それにより、新たなソリューションが実現されるので、大幅な生活の幅や質の向上が図られると言えます。注文住宅ではiot家電が設置されたスマートハウスが実現されており、スマホひとつで全ての家電を操作することが可能です。

工場では生産ラインが自動化され、物流業界でもiotデバイスが活躍しています。iotデバイスを導入することで、都市全体の利便性が向上する動きが現れています。当デバイスには、人々の暮らしや住まいを大きく変化させる力が秘められていると言えます。玄関にはスマートロックが設置され、スマホで施錠や開錠を行えます。

設置も簡単で、専用のデバイスをドアに取りつけるだけで済みます。かつてのドアロックは暗証番号の入力などが必要でしたが、スマートロックでは面倒な操作は必要ありません。スマホをタッチするだけでいいので、ストレスなくドアを施錠・開錠できるわけです。セキュリティ面も高くなっており、安心して利用できるのが魅力です。スマートロックの活用シーンとしては、一般住宅以外に宿泊施設への導入なども挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *