生活を自動化できるiotデバイス

iotデバイスはネットワークを使ってやりとりができるもの全般を言います。

中には単純に電源の入り切りができるだけのものもあります。普通に考えたら何の役に立つかわからないようなものでも、工夫一つで生活を自動化するために利用可能です。利用する時に電源のオンオフしかないような、コーヒーメーカーなどにネットワークから電源をコントロールできるiotデバイスを取り付ければ、仕掛けておいたコーヒーをドリップすることが可能です。

タイマーと連動すれば、目覚ましと一緒にコーヒーの香りで目覚めることができます。このように単純なものでも、組み合わせることで生活を便利にすることが可能です。センサーを使って連動させることもできるので、その活用は広がっていくでしょう。朝の光とともにカーテンを自動で開いて、電気ポットのスイッチを入れておきます。テレビをつけて目覚ましの代わりにすると効率よく起きることができます。

このような動作をスマートフォンで設定しておくことができれば、毎朝必要なものだけを実行可能です。夜になり時間が来たら閉めるなんてこともできます。カーテンが閉まったら明かりをつけて照明をつけるところまでを自動化します。そしてある程度遅い時間になったら間接照明にして、リラックスできる音楽をかければ、睡眠への準備もできます。iotデバイスを使えば生活のリズムを作るのも簡単です。家中のものが制御可能になれば、完全な自動化も夢ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *