古い様式の家でもiotデバイスで便利にできる

スマートスピーカーなどでいろいろなものを制御できる生活に憧れる人も少なくありません。

声の操作で明かりがついて、玄関の鍵がかけられるような機能をみると便利だと思うのは当然です。でも古い様式の家では、なかなか実現することが難しいと思ってしまいます。でもiotデバイスを使うと意外と簡単に実現できます。iotデバイスにもいろいろな物があり、単純にボタンを押すだけのようなものもあります。ネットワークからの制御で、機械的にものを押すだけですが、照明のスイッチに取り付けることで、オンオフを制御できるようになります。

押すものなら何でも利用可能なので、電気ポットのお湯を出したり、ガレージのシャッターを自動的に開けることもできます。今までその場所に行ってボタンを押していた作業を、代わりに実施できるので、ネットワークの制御で実施可能です。また錠に被せるiotデバイスもあり、ドアを新しくする必要もなく、施錠を自動化することが可能です。鍵を持たずにスマートフォンを操作して解錠できるようになります。

今まで通り鍵による施錠も可能なので、持って出るのを忘れた時などにだけ利用することも可能です。施錠の確認もできるので防犯としても有効です。窓にも押すタイプのiotデバイスを使えば開かないようにしておくことも可能です。家全体の施錠をネットワークで確認して、施錠できれば防犯のレベルが向上します。一人暮らしでは安心できる状態と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *