iotデバイスで生活をプログラミング

iotデバイスにはセンサーだけを搭載したようなネットワーク機器もあります。

例えば明るさに反応して信号を送ることができるものや人が通ると反応するものなどです。それぞれ単体でみると大したことはありませんが、組み合わせると生活をプログラミングすることも可能です。例えば明かりが5回感じることができたらある動作をすると言うプログラミングしておくとして、懐中電灯で5買いてらしたらドアの鍵を解錠するような動作をさせることができます。なるべく物に触れずに生活したい時には便利です。

音に反応するセンサーを洗濯機設置しておいて、終了のチャイムがなったらメールが届くように仕込んでおくこともできます。iotデバイスの活用は、生活の効率化に貢献します。温度と湿度でエアコンや扇風機の電源をつけたり、各部屋の温度を監視することもできます。電話の音でテレビの音量が勝手に下がるような物があればテレワークで便利に使えます。

普段気にしないでやっていることを見直して、iotデバイスに切り替えるだけで生活を向上できるかもしれません。まだまだできないことの方が多いかもしれませんが、iotデバイスの開発は驚くほど早いので、ここ数年でほとんどの家事や生活を自動化することが可能になるでしょう。繰り返し作業が面倒だと思っていることをiotデバイスに任せてしまえば、自分の時間を有効に使うことができます。生活の充実には欠かせないツールになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *