「温度管理システム」とは

「温度管理システム」とはその名前の通りに温度を管理する仕組みの事で、対象物の温度を自動で計測しデータ化を行う事ができます。

「温度管理システム」で得られたデータの利用目的は監視や分析など業種によって異なりますが、温度変化によって起こる様々な事象に対応することが出来るようになる点は変わりません。そのため室内・室外を問わず様々な事業で使われているシステムです。「温度管理システム」は食品衛生法の改正から全行程における記録が必要になったことから、食品等事業者にとっては欠かせないシステムとなっています。温度変化によって品質に変化が起こってしまうものを取り扱う場合に、手作業で温度管理を行おうとするとその場所まで移動をおこなったり定時に作業を行わなければならないなどミスが起こりやすくなりますが、管理と記録をオートメーション化できるため、労働者の負担を減らせるというメリットがあります。

人の手で行う記録はどうしても誤差が出てしまう事がありますが、このシステムを導入すれば毎日指定した同じ時間に正確な計測結果を記録できるのでより正確なデータを集めることが可能です。温度変化など何か異常があった場合にはアラートを鳴らすことも可能なので、監視が必要な場面にも向いています。導入を考えている場合には、安定した稼働が行え、計測精度高いシステムを選ぶことが大切です。ネットワーク機器など必要な道具もありますので、予算も含めて自分にあったものを選ぶようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *