在庫管理システムを考える時にすべきこと

在庫管理システムを考えた時にスペックばかりに目がいって、正しい選択をできないことがあります。

それは必要なことがわかっていないからです。では必要なこととはどのようにしてわかるのでしょうか。それは現状のシステムをしっかりと理解することから始まります。在庫管理システムの導入は、今まで使っていたシステムからの移行になります。それまでは他の方法で管理されていた実績があります。それを無にする必要はなく、そのシステムを置き換えると言う考えから始めることが重要です。

もし問題点があるシステムであれば、それをどのように改善すべきかを決定してから、それを実現できるものを選ぶ必要があります。つまり在庫管理システムを導入してからやることを考えるのではなく、やるべき理想像を明確にしてから、それに合うシステムを見つけ出すと言う流れが必要と言うことです。このような方法なら本当に必要な機能があって、実使用に耐えうるシステムが見つけられます。導入後も今までやっていたことを、置き換えるだけなので現場の混乱が少なくてすみます。担当者間の共通理解も簡単で、早期に軌道に乗せることが可能です。そしてどうしてもシステムにじまないようなところは、ルールを決めて運用することが重要です。そのような対応ができないと、導入後にできないことが増えて、立ち行かなくなることとなります。システムは道具であって、目的ではありません。使いやすいものを選ぶのが一番です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *