在庫管理システムの基本は情報の一致

在庫管理システムに最も重要なことは、実際の在庫数と入力されている情報が一致していることです。

そこがしっかりしていないと、何の意味もありません。システムですから一致しているのは当然のように思えますが、そでもないのが問題となります。在庫管理システムで情報と実際の数が合わない理由は、入力ミスなどの人的なものがほとんどです。それはシステムのせいではないかもしれませんが、原因を究明するとそうとは言い切れない場合もあります。それは操作の複雑さや表示の見難さに起因することがあるからです。

確かにデータを入れたり、確認するのは人間なのでミスをするのは担当者のせいかもしれませんが、入出庫の方法が複数の工程に分かれていることや、参照しなければならないコードが多いことなどでミスが起きやすくなっていることもあります。確認画面も画面の一部に数値が出るだけで、実際の数値と比較するために画面が切り替わるようだと、データを記憶しなければいけなくなります。在庫管理システムの作り方によっては、そのような残念な環境になってしまていることも考えられます。それは導入時に基本的な流れが会社の工程にあっているかを確認していないことが原因になっていることがほとんどです。評判だけで選んだ在庫管理システムは使いづらく、なかなか慣れないなんてことがあるからです。直接使うことになる担当者の意見が反映されていないシステムはトラブルを起こして効率を下げてしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *