不満の多い在庫管理システム

在庫管理システムを導入している会社で、実際に使っている人にアンケートをとると不満があると言う答えが実に多いそうです。

それは理想と現実の乖離からなることがほとんどのようです。現場ではこうあるべきと言う機能が、実際のシステムでは実現できないから、不満が溜まるのは当然です。それは在庫管理システムを導入する時に原因があるかもしれません。多機能で評判の良いシステムは、マネジメントにとって理想的なものになります。メリットや実績を語られることで、何でもできるような気になってしまいます。

確かにそのシステムにあった工程のところでは、実力を発揮して使うことができますが、全ての企業でそれが当てはまるわけではないと言うことです。在庫管理システムに自社の工程に合っているかを確認することを怠ると、このようなことが起きます。身の丈に合っていないものが、使いにくいのは当然です。でもマネジメントは実績があると聞いているので、そんなことは起きないと考えているはずです。

現場では何とか使いこなすことに必死で全く効率が上がらないなんてこともあります。在庫管理システムを導入する時には、自社の商品の流れが、そのシステムに合っているかを一度検証してみましょう。一つ一つの処理を当てはめていって、全てが対応できることを確認できればこのような混乱は起きないはずです。だから現場の意見が適切に受け入れられることが最も重要なことと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *