ビーコンがあればどこにあるかがすぐにわかる

GPSが届かない屋内でも位置を特定できる情報を取得できれば便利だと思ったら、ビーコンを試してみると良いでしょう。

近距離で無線を使って位置情報を発信することが可能です。そのため屋内施設でも位置を指し示すことが可能です。複合施設で複雑な形をしていると、どこにあるかがわからないことで顧客を失うことがあります。お店の場所は地図によって指し示すことが可能ですが、地図が苦手な顧客にとってはわかりにくい場合もあり、探すのを諦めることも少なくありません。せっかくお店自体に興味を示してくれたのに、あと少しのところで来店の機会を失うのはとても残念です。そこで活躍するのがビーコンです。まるで呼び込みのように顧客を連れてきてくれるシステムです。

GPSが届かない場所でも、ビーコンを設置してスマートフォンの専用アプリを起動するだけで情報を発信できます。あとはそれを見ながら移動すれば、誰でもその場所に行くことが可能です。位置情報はマップと重ね合わせることができるので視覚的にもわかりやすく、安心です。半径30mぐらいは届くので、広い場所でも問題ありません。ビーコンを使って情報発信も可能なので、期間限定のサービスや空いてる時間をお知らせすることでさらに顧客に便利な使い方ができます。店舗側も空いてる時間に集客できれば売り上げアップにつなげることが可能です。設置も簡単に行うことができるので、すぐに使い始めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *