ビーコンについての解説

ビーコンとは、電波や赤外線を用いて特定の対象の位置情報を示す無線標識です。

海上などの一定の場所に固定されていてるものと、自動車などの移動体に搭載されるものがあります。無線局などから発信された電波を受信することで発信元の位置情報を確認することができ、それを元に受信者は現在位置を知ることができます。移動体に搭載されているものは、自動車などにおいてはお互いに通信をすることで交通情報などを確認するために利用されます。雪上に固定され、雪崩などで雪が移動していることを調べるために設置されるものもあります。

ビーコンはコンピューター間における物理的、または電子的な位置情報を確認するための情報または電波を差す場合もあります。インターネット接続などができる無線LANのアクセスポイント側においては、ビーコンとよばれる信号を発信して接続可能なネットワークであることを利用端末側に示しています。

また、店舗などに設置されている非接触型決済のための装置もビーコンと呼ばれています。電子的なものには、ウェブサイトのアクセス者の端末に電子情報として埋め込む識別情報があります。これを埋め込むことでログインを行わないサイト利用者に対しても管理者側が利用者の端末を識別できるようになります。ビーコンに用いられる電波は目的ごとにタイプが異なる場合があり、海上などで用いられる通常の無線電波、交通システムに用いられる赤外線、そしてコンピューター間の通信にはBluetoothなどが用いられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *