無線を使った温度管理システムも可能です

食料品の安全性を高めるために、食品衛生法によって食材の保管などの温度管理が必要になっています。

温度管理を徹底する事で、夏場の食中毒などの発生を防いでくれて、いつでも新鮮さを保った食材を手に入れるメリットがあります。ですが実際に決まった時間に定められた場所ので検温はなかなか管理者には負担が大きく、遠くの保管冷蔵庫などや忙しい時間帯などでの検温は大変です。また目視が基本ですからミスも発生する可能性もあります。そんな中でも導入が進んでいるのが、温度管理システムです。温度管理システムはコンピューターとネットワークを利用して自動的に連続して24時間検温が出来るため、働いている手間や負担を大きく減らしてくれます。

無線のシステムを導入すれば離れた場所などの検温も自由自在で、大きな工場などでもどこにでも設置して管理できますし、夜間や忙しい時もオートマチックに温度管理を行ってくれます。温度を調べてくれる温度計も様々な種類があるので、冷蔵庫内だけでなく直接食材の検温も可能で、検温センサーの増設なども簡単です。温度管理システムだと、安定して正確な温度管理を行えますし検温データなども一元管理できるので、そのデータを様々なものに活用したりするのも容易です。異常時にはアラームなどで管理者に教えてくれる事も出来ますし、離れた場所などからも検温状況の確認も出来るため、人件費を抑えたり労働効率を上げるメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *