温度管理システムで安全性が高まります

夏場の時期になると、暑さで食材に食中毒の原因になる細菌などが急増してきますので、食料品を扱っている人にとって食料品の温度管理はとても重要です。

それに加えて食品衛生法が改正されて、食料品などは保管などの様々なタイミングでの温度管理が義務化されています。例えば飲食店では冷蔵庫内での適温での保管や調理場の温度から食事をする場所の適正な温度管理です。スーパーマーケットなどでは、陳列する場所なども温度管理が必要になっています。以前なら、人が定められた時間に温度を調べて記載して管理をしていましたが、忙しい時や離れた場所などの検温は負担が大きく、中には読み間違いや書き間違いなども発生しています。また1ヶ月の集計データを別の書式で集計したりするのもかなり大変でした。

最近は、温度管理システムなどが普及していて、導入も簡単に検温したい場所に小型のセンサーを取り付けるだけで、自動的に一定の時間の検温を行ってくれるシステムです。自動化によって、離れた場所の温度管理薬剤を深夜などの検温も可能になり、より安全性が高まって検温の正確性も問題ないです。現在では食料品だけでなく、薬剤なども流通の過程で温度管理システムを導入しているケースも増えていて、今後はさらに様々な分野での導入が確実です。温度管理システムだと、検温したデータを集計して簡単に計測結果をデータ化する事も出来ますので、労働効率をあげる事も可能でコストを抑える事も可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *