農業を助ける温度管理システム

トマトやナスなど夏を代表する野菜ですが、季節問わずに収穫され店舗に並んでいます。

そんな季節外の野菜が手に入るようになった理由として、適切な管理が行えるハウス栽培の技術が発達したのが理由です。そのハウス栽培の技術が発達した要因の一つが、ハウス内の温度を感知して知らせてくれる温度管理システムの導入が大きいといえます。温度管理システムは室内に赤外線センサーを設置し、その赤外線で感知しデータ化してまとめるシステムです。センサーによってまとめられた情報は、施設に設置されている空調システムに送られます。温度管理システムが用いられている代表例が室温を調節するエアコンであり、センサーで室内の温度を調べて適温になるまで力を発揮しその後力を弱めて維持するなどコントロールします。

そんな温度管理システムですが、先に言ったとおりに農業分野に活用されているのです。野菜作りにおいて最適な量と質の水と肥料を与えることも重要ですが、それと同じように温度管理も大事な要素になります。夏に育てる野菜を他の季節で育てる場合、しっかりとハウス内を夏の温度変化に合わせないとうまく育たないです。そこでハウス内に温度管理システムを導入して、育てる野菜に適した環境になるように送風を行ってコントロールします。このように温度管理をすることで1年を通して野菜栽培が出来るだけでなく、野菜に適した温度で育てることで味の品質も向上することに成功しているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *