勤怠システムは勤怠管理の工数を削減してくれる

勤怠管理には大きく分けて時間の管理と業務内容の管理に分ける事が出来ます。

業務内容の管理については、それぞれの従業員が1日の業務内容を日報として記録を行い、それを上長が確認する事で業務の改善や指導、アドバイスを行う事が出来るようになります。一方、時間の管理は給料に影響を及ぼす事になるため、正確な集計等の管理が必要になります。時間の管理はタイムカードに記録してある入退社時刻で行われる事になり、1日の所定労働時間を満たしている事が前提条件に含まれています。

タイムカードの記録の中でも定時間を超えた労働がある場合、残業時間の集計を行う必要があります。従業員数が多い企業などの場合、集計作業を自動化する事が出来る勤怠システムを導入しているので、計算ミスなどが起こる事はありません。また、勤怠システムを導入した場合、タイムカードを見ながらの集計作業などの工数がゼロになります。集計作業は従業員の中から選任が行われた人が行う事になるため、工数がゼロになれば本来の自分が行っている業務に専念する事が出来るようになるわけです。

勤怠システムでは入退社時刻がリアルタイムにコンピュータに記録が行われているので、上長が管理を行う時にはタイムカードを見るのでなく、自分がいつも仕事で使用しているパソコンで閲覧が出来る、残業時間が多い従業員がいる場合には、仕事の割り振りを行うなどそれぞれの従業員の業務を平均化させる事も出来るようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *