勤怠システムの種類について

勤怠システムとは企業が従業員の勤務状況把握し管理するためのツールのことをいいます。

広い意味での勤怠システムとして最も広く使われているのはタイムカードレコーダーですが、タイムカードレコーダーは勤怠システムと言うには非常にアナログな仕組みであるといえます。1人に対して1枚のタイムカードを毎月管理しなくてはならないため、少人数の場合には最も導入コストの安い便利なシステムであると言える一方で、ある程度の規模になってくると間にするのが不可能に近くなってくるという特徴があります。

このような状況になる前に取り入れることになるのが勤怠システムと呼ばれる勤怠管理の仕組みなのです。向かうとレコーダーで対応することが難しくなってくると、それに代わる新しい方法が必要となります。比較的多く利用されているのはバーコードを利用して勤怠情報を管理するシステムを構築すると言う方法です。

既存のシステムを流用することができる場合にはパッケージソフトを選択することもできる場合がありますが、様々な導入済のシステムと連動させるなど複雑な仕組みを必要とする場合にはそれぞれカスタマイズを行う必要がある場合も考えておかなければなりません。このような方法が本当に良いものであるかどうかは個別に確認していく必要がある案件であるといえます。しかしながら大規模な従業員の管理が必要になると勤怠システムは必要不可欠な仕組みであると言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *