業務の健全化を促す勤怠システム

勤怠システムとは、一般的に目にする機会は少ないものの、あらゆる企業と関係の深いプログラムです。

それが管理するものは、社員の出勤や残業といった、仕事に関わる時間です。働く人が多くなればなるほど、誰が出社しているのかを、一度に把握するのは難しくなります。それだけにシステム化することが求められますし、データを振り返ることで、現状が適性かどうかを判断しやすくなるのです。しかし、勤務態度が真面目で出勤意欲も旺盛な現代人に、果たして勤怠システムは有用なのでしょうか?仕事に熱心な人ほど、ある社会的な問題が浮き彫りになってきます。

それが、超過労働時間です。日本においては、ほぼ全ての企業で残業が日常化しており、それが過労やストレスの引金となっています。解決しないまま放置しておくと、社員の休職や退職、あるいは命に関わる事柄にまで発展しかねません。

企業のトップは、このような現場の実態を、なかなか目の当たりにはできないものです。それだけに勤怠システムをきちんと導入して、残業は多くないか、有給休暇はきちんととれているかを、確かめていくべきです。いわゆる36協定も満足に守れない会社は、ブラック企業の烙印を押されてしまう時代です。愛する会社のイメージを損ねないためにも、健全に運営されているかどうかは、極めて重要な視点といえます。勤怠システムを活用して、社員が健康的に働いているかに気を配り、よりよい会社経営を目指しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *