勤怠管理システムの特徴とは

勤怠管理システムを企業などで導入するメリットとしては、従業員のデータ管理をすることが可能になるので、設定をすることで勤怠情報の集計が簡単に行うことが出来ます。

また打刻設定、休暇や残業の申請や承認、シフトの設定などもWEB上で完了することができます。勤怠管理システムの中には、従業員への一斉メールの送信機能やアラート機能、プッシュ通知機能などが搭載されているシステムもあります。勤怠管理システムを活用していくことで、打刻漏れや不正打刻などの防止にもつながります。集計作業が大幅に短縮することが可能です。

人件費をリアルタイムで把握することができるため、休日出勤の状況や残業時間、割増手当てなど給与計算も効率化することが可能です。労働法が改正されたときには対応が簡単に行うことが出来ます。アラート機能を上手に利用すると、勤務超過を未然に防ぐようなことへも利用することが可能です。また人事戦略への勤怠データの活用もすることが出来ます。

以上のことから、最近の企業では勤怠管理をシステム化する流れとなっています。コストを抑えて導入することができるクラウド型のシステムが広まってきています。日本国内では60サービス以上も存在しているので、企業の風土に合ったシステムを選択することが可能です。無料トライアルを行っているサービスもあります。月額定額コストで実施できるサービスもあるので、集計などにかかっている人件費などと比べてもお得に利用することが出来ます。
温度管理システムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *